守谷からモリモリ

茨城県守谷市から元気モリモリ発信したいです
このサイト内を検索 
カスタム検索
龍馬魂@恵比寿(居酒屋)行きました。
会社(恵比寿)の近くに、

龍馬魂

なる、今ホットな龍馬のお店があるので行ってみた。

出来たのはまさに龍馬伝がはじまった頃。


店内には龍馬伝のテーマソングが延々と流れている。


鉄で出来た龍馬のレリーフ的なものがあったり。




そして名物「わら焼き」を焼いてる様子




・・・・・・・・


1回行けば十分かな。

料理はまずくないけど普通。

店員も普通。

あと店内のレイアウトが凝っている分、座りにくくて狭い。


まさに今ホットな龍馬伝にあやかっているだけのお店。

ただしあやかり方が非常に中途半端。


もともと龍馬伝が始まる前に恵比寿に龍馬の店が出来ても流行らないわけで、まさに今来る客は龍馬伝を見てる客がほとんどじゃないだろうか。

でなきゃおしゃれな店もおいしい店もたくさんある恵比寿で龍馬伝を見ていない人が龍馬魂という店に入る理由がない。


龍馬伝のテーマソングを流すなら、龍馬伝の名場面シーンを流すなどとことん龍馬伝にあやかるべきだ。


あとは実際に龍馬伝に出てるキャストの誰かを招待するとか。

その後、それを理由にして龍馬伝の大ファンであるソフトバンクの孫社長に来てもらうとか。

当然写真などの記録は残して掲示してアピール。


そしたら来た人のブログやツイッターで紹介してもらえるからさらに客足は伸びる。


メニューにも工夫が必要。

現在のメニューは「龍馬」というより土佐、高知関連の料理で関連付けが弱すぎる。


龍馬の土佐、高知にこだわらず、今この店に来る客はどんな客か?を想像すると実際に幕末で作られていた料理とか酒を再現するとかしても受けそうだ。

幕末の京都伏見区の料亭で出されていた○○。幕末の志士たちも好んだ味。とか。

高知城で山内容堂公が好んで食べた○○、とか。



あとは別路線として、店内に最近本屋でくさるほど見る龍馬関連の書籍でも置いておいたらどうだろう。

そうすれば龍馬伝からの流れで来るミーハーだけでなく、もとからのディープな龍馬ファンも行くかもしれない。

ひとりで酒飲みながら龍馬の本を読む。

これはなかなか楽しそうだ。


今の中途半端なままだと他にうまい店がいっぱいある恵比寿では龍馬伝の終わりと共にお店も終わりだろう。


まあオーナーもそのつもりなのかもしれないけど。


ぐるなび「龍馬魂」
http://r.gnavi.co.jp/e620711/


 
|  恵比寿 | 03:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
ふーん
| ああ | 2011/01/31 3:03 PM |








http://blog.digishop.jp/trackback/915529
守谷市HPリニューアル分析
守谷のお祭り

ロックシティ守谷まとめ

関鉄タクシー伝説

気をつけよう!
守谷市 事故多発地帯!
→ 魔の交差点(まこちゃん)

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ カテゴリからさがす
+ 最近の記事
+ 最近もらったコメント
+ 最近もらったトラバ
+ 年月からさがす
+ リンク集
+ プロフィール
+ いろいろ
このページの先頭へ