守谷からモリモリ

茨城県守谷市から元気モリモリ発信したいです
このサイト内を検索 
カスタム検索
守谷市の放射線量について(私見)
守谷市の放射線量はつくば市など周辺市町村に比べて高いですね。


私も2歳と4歳の子供を抱えて不安な日々を過ごしており、放射線測定器も購入しましたので、放射線量の考え方について自分なりにまとめてみます。


ちなみに私は完全に放射線に関しては素人で、ネットで調査した情報の寄せ集めからの考察なので、この考え方で合っているかどうか確信がありません。できればどなたかに教えていただきたいです。


※mSv=ミリシーベルト、μSv=マイクロシーベルト


1.自然放射線について

今回の原発事故うんぬんに関わらず、人間はそもそも年間2.4mSvの「自然放射線」を受けている。

ただし、2.4mSvというのは世界全体の平均で、日本全国の平均は1.4mSvとのこと。



国の基準では、屋外を100%(1日のうち8時間生活)とした場合、屋内は40%(1日のうち16時間生活)として考えるとのことなので、

年間1.4mSvを時間に換算すると、

・屋内(16h)40% :0.106μSv/h
・屋外(8h)100% :0.266μSv/h


となります。


つまり放射線測定器の数値が、屋内で0.106μSv/h、屋外で0.266μSv/h、までであれば原発事故発生に関係なく出てもおかしくはない、ということになります。


ただ、1.4mSvというのは日本全体の平均なので、茨城はどうか?

と調べてみたら、資源エネルギー庁「原子力2010」によると「1.02mSv」とのこと。

何年のデータかわからないが、2010というタイトルが付いた刊行物に掲載されているので2009年のデータか?


よって、年間1.02mSvで計算したほうが正確な値に近くなりそうなのでそれで計算すると、

・屋内(16h)40% :0.078μSv/h
・屋外(8h)100% :0.194μSv/h


という数値が、原発事故が起きても起きなくても放射線測定器で普段から出ていたと仮定できる数値となります。

ただし、1.02というのは食物からの被ばくも含まれているので実際はこれより下となる可能性が高いです。



2.人工放射線について

震災後、報道等で「20ミリシーベルトはおかしい、1ミリにすべきだ」などと言っている基準は「人工放射線」についてです。


wikipediaによると、


1.0mSVは、「一般公衆が1年間にさらされてよい人工放射線の限度(ICRP勧告)」とのこと。

ICRP=国際放射線防護委員会


よって、茨城県では、

1.02mSvの自然放射線に加え、1.0mSvの人工放射線=合計2.02mSv

が1年間にさらされて良い限度ということになります。


それで時間に換算すると、

・屋内(16h)40% :0.154μSv/h
・屋外(8h)100% :0.384μSv/h


というのが現時点で放射線測定器で出ても良い上限値ということになります。


私の自宅のリビングなどでは、0.15〜0.2程度、庭では0.35〜0.4程度なので時によっては上限を越えている場合もあるようです。


ただし、屋外に8時間もいる日はほとんど無いので年間で見た場合は上限値に収まっていると判断しても良さそうではあります。


3.子供の被ばくについて

と、ここまでは「大人」であれば、周辺市町村より数値が高いとはいえ「であれば大丈夫かな?」と判断してもよさそうなことを書きました。

ここで大きな問題となるのが「子供」です。


これは調べた限りで数値にバラつきがありますが、


乳幼児における放射線の感受性は、
3倍〜5倍



という情報が多いです。

つまり上で挙げた全ての数値を3倍〜5倍にして考えなければなりません。


自宅のリビングで、0.15μSv/h ということは、乳幼児にとっては、0.45〜0.75μSv/h 受けている

自宅の庭で、0.35μSv/h ということは、乳幼児にとっては、1.05〜1.75μSv/h 受けている


年換算で、

3倍の場合、5.69mSv

5倍の場合、9.49mSv


という放射線量を乳幼児が受けているということになるのか?


高いほうの数値であれば、

3倍で、7.0mSv

5倍で、11.7mSv


受けているということになります。


こうなるとかなり高い数値ですね。


冒頭にも書きましたが、この考え方で合っているかどうか知りたいです。


最近カミさんが「家を売って、西のほうに引っ越す?」という発言をしましたが、この放射線量があと何年も続くのであれば、一番影響を受けるのは幼い子供たちなので、あながち家を売って引越しというのも非現実的な考えではないな、と思いました。

(幸い僕の実家は下関にあるので・・)


4.守谷市役所について

守谷市役所は年間20mSvを基準に安全かどうかを判断している。

つまり乳幼児にとっては、

年間60mSv〜100mSvまではOKと言っているのと同じでは?


(追記)

3倍〜5倍受けているという考えを上で書きましたが、上限について書きます。

上で書いた、

・屋内(16h)40% :0.154μSv/h
・屋外(8h)100% :0.384μSv/h


という「大人」の上限について、乳幼児に当てはめるなら1/3、1/5にしなければならないので、

・屋内(16h)40% :0.031〜0.051μSv/h
・屋外(8h)100% :0.077〜0.128μSv/h


が乳幼児における上限ということになります。


このような数値が上限であるなら、今の守谷市で出ている数値は上限をはるかにオーバーしていることになります。

 

| 守谷市 | 04:17 | comments(8) | trackbacks(0) |
はじめまして。コメントありがとうございます。
署名については既に署名させていただきました。
こちらこそよろしくお願いします。
| りんご | 2011/07/19 3:32 PM |

はじめまして 週刊現代にカラー写真で守谷の四季の里
浄化センターなどの放射能測定の記事が掲載されています0.57と大変高い数値です
子供の未来を考える会 守谷 では除染の署名を集めています
インターネットからでも署名出来ます
どうか皆様のご協力よろしくお願いします
| りんご | 2011/07/19 11:12 AM |

TMさん、コメントありがとうございます。
夏休みを利用して2週間ほど子供たちを下関に預けます。
牛乳、卵、野菜は西から取り寄せるようにしています。
外食は公表していないところのほうが多いので困っているところです・・・
| むーまん | 2011/07/11 4:29 PM |

はじめまして。私も守谷の住人ですが放射能を気にしています。守谷はホットスポットで放射線が高いですが、むしろ地面の放射能より塵を吸い込む、食物連鎖による体内被爆が問題です。
東北、茨城、関東産の農作物、魚食べ物を食べることは幼児にとっては非常に危険です。
放射線量を計っても体内被爆すれば24時間被爆し続けまから。セシウムの半減期は30年です。汚染地や汚染した食べ物をより分け出来ないなら一時的にでも下関にお子さんを待避させることをお薦めします。
| TM | 2011/07/10 6:27 PM |

放射線取扱い主任者さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。HNから判断すると専門家の方でしょうか。
計算が正しいということであれば今の数値はやはり高いということですね・・
放射線の件がなければ守谷は胸を張っておススメできる住みやすい街だったのですが(泣
| むーまん | 2011/06/16 12:25 AM |

はじめまして。これから守谷に引っ越すか考えているところで、ようやくホットスポットに気がつきました。セシウム由来放射線は30年で半分にしかならないので、しばらくはこの線量のままかも。地表から離れているマンションの高層階に住むことで地表面にあるセシウムからの影響が小さくなるので、少くとも屋内での被爆は下がると思います。
あ、被爆についての計算は正しいと思いました。

| 放射線取扱い主任者 | 2011/06/16 12:18 AM |

藤堂+さん、はじめまして。
わかりにくくてすみません、記事的には実際に被ばくしている量のほうを書いていて、上限を減らさなければならないことについて触れていません。
たしかにおっしゃる通りなので、あとでもう少し追記してみます。
| むーまん | 2011/06/08 9:25 AM |

はじめまして、守谷在住で娘4歳と胎児がいます。
被曝、心配しています。昨夜も議員2名にモニタリングばかりしてないで、対策を実施してほしいとメールしました。
ブログの記事ですが、「子供の感受性が3〜5倍」ならば、数値を3〜5で割って、低くなった数値が計測値で計測したときの上限になるのでは?今の記事では子供の方が高い上限になっていて、子供は大人の3〜5倍感受性がないことになります。
| 藤堂+ | 2011/06/08 5:24 AM |








http://blog.digishop.jp/trackback/915543
守谷市HPリニューアル分析
守谷のお祭り

ロックシティ守谷まとめ

関鉄タクシー伝説

気をつけよう!
守谷市 事故多発地帯!
→ 魔の交差点(まこちゃん)

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ カテゴリからさがす
+ 最近の記事
+ 最近もらったコメント
+ 最近もらったトラバ
+ 年月からさがす
+ リンク集
+ プロフィール
+ いろいろ
このページの先頭へ