守谷からモリモリ

茨城県守谷市から元気モリモリ発信したいです
このサイト内を検索 
カスタム検索
守谷市HPのリニューアルについて
2013/2/1 守谷市のホームページが「ようやく」リニューアルされました。

http://www.city.moriya.ibaraki.jp/

前の守谷市HPのリニューアルは2005年。

自治体の契約期間は通常は5年である為、よくあるのは契約更改と同時にリニューアルという流れなのですが、今から5年前のときは、その3年前にリニューアルしたばかりであった為にリニューアルは見送ったとのこと。(市の担当者談)

実に8年の時を経て、遂にリニューアル。

良かった良かった(・∀・)


職業柄、リニューアルしたばかりのサイトを批評してみます。


1.デザインについて

前より良くなったのは言うまでもないが、言ってみれば「いわゆる普通の何の変哲もない」自治体サイトのデザインである。

そしてそれが悪いとは言わない。

でも、古臭いデザインから普通の自治体のデザインにようやく追いつけたことは良かったと思われる。


・ヘッダエリア

上部ヘッダエリアのメインビジュアルにごちゃごちゃ乗せすぎ。

「守谷」を表現するもの・表現したいものを詰め込んだのであろう。これはよくやりがちであるが、こういう詰め込みをやると返って何を表現したいのかブレてしまって本末転倒。

デザインでやってはいけない典型パターンです。

市役所の外観はフッタに市役所の案内があるので、フッタに置いておけば「これが役所の外観か」ということも認識してもらいやすいので、ヘッダよりはフッタに置くべきであろう。


2.情報設計について

・グローバルメニュー

グローバルメニューは
・くらし
・手続き
・楽しむ・学ぶ
・施設案内
・市のしくみ

これも特筆すべきところはない。「落ち着いた」メニュー構成である。

グローバルメニューをクリックしたときなどに表示されるカテゴリーメニュー系のページが整備されたことはとても良いと思われる。

例)
http://www.city.moriya.ibaraki.jp/kurashi/index.html

画面設計的には、隙間なく詰め込みすぎなので、もう少し余裕をもってレイアウトすればもっと見やすくなるだろう。

あと、グローバルメニューに関しては、現在地を表現すべきだろう。

「くらし」に入ったら「くらし」ボタンの色を変えるなりで現在地をわからせると親切。

右サイドナビゲーションでは既にそれをやっているので、グロナビでもやったほうが良い。


・ヘッダエリア

ヘッダの右端に「トップページ」があるがこれは不要だろう。

多くのユーザはトップに戻る為の動線が「ロゴ」を代表として左上にあると学習しており、右上からトップに戻りたいケースは想定する必要はない。

「トップページ」をはずして、空いたスペースは単純に右ツメにするか、携帯サイトや他言語のボタン間のスペースを空けて見やすく、押しやすくしたほうが良い。


・文字サイズについて

デフォルトの文字サイズが小さい。

この文字サイズは4〜5年以上前では主流だったが、モニタ解像度の向上によりこのサイズでは小さく見えてしまう。もうひと回り大きくする必要がある。

特に自治体サイトは高齢者などへの配慮が必須であるため、文字サイズについては何が最適なサイズなのかよく検討してから採用をして欲しかった。

ただ、デフォルト文字サイズはページ個別に設定してある文字以外は、CSSで一括で制御してあるだろうから変えようと思えばすぐ変えられる。早期の変更を願います。


・フッタエリア

「サイトマップ」はフッタではなく、ヘッダの検索エリアに置くべきである。

サイトマップを見たいユーザ
=自分の探している情報がサイト内のどこにあるのか俯瞰的に見たい。

ということになる。

つまり、横断的な検索方法として、
・キーワード検索
・サイトマップ
は近くに置いてあげることで利用者の利便性が向上する。

これは多くのサイトでそのようになっているので、参考にされたし。


3.その他

本文系ページの下に、
・各課へのお問い合わせフォーム
・ページを評価するフォーム
が設置されたことはとても良い。


ホームページ利用者のご意見を収集しやすくなっている。

ただ、これも自治体サイトとしては6〜7年前から導入が進んでいるので、ようやく設置されたということになる。

ご意見を収集し、それを行政やサイトへどのように反映するのかの仕組みも重要であるが、それがホームページからは見えない。

送信後の画面にその辺りについて触れると親切。

現時点ではそこまで書いている自治体は少ない(私は知らない)ので、是非設置していただきたい。


3.その他

・スマホサイト

スマホサイトがないのは残念。

再構築業務の仕様書に入っていなかったのだろうか?


2012年4月にリニューアルした数々の自治体サイトでも積極的にスマホサイトは導入していた。

理由は言うまでもないだろう。

今回のリニューアルではスマホサイトは構築すべきであった。


もしかしたら再構築業務の契約期間は3月末までで、とりあえず2/1はPCサイトのリニューアルを最優先で実装し、スマホサイトは3末までに立ち上げる予定なのかもしれない。

もしスマホサイトを立ち上げる予定がないのであれば、通常の自治体業務の契約期間は5年である為、今後5年はスマホサイトが立ち上がらないことになる。

市の単独施策でスマホサイトのみの新規構築に予算が下りるとは思えない。

あるとすれば、総務省とかから「地方自治体はスマホサイトを積極的に構築しなさい」的な指示が来れば、違うだろう。

とりあえず待ってみることにしよう。


とりあえずざっと思いついたところは以上です。

リニューアルについては「まだかまだか」と思っていたのでようやくされて良かったです。

市の担当者に申し上げたいのは、

サイトは作ることがゴールではない

ということです。

2/1はスタートに過ぎず、これから単に記事を追加していけば良いわけではありません。

ご意見収集ツールも増えたのですから、それらのツールを使ってサイトにフィードバックし、継続的にサイトをより良くしていくことが非常に重要でそれにゴールはありません。

がんばってください。


偉そうなことも申し上げてしまい失礼いたしました。
以上です。

 










| 守谷市 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |







http://blog.digishop.jp/trackback/915547
守谷市HPリニューアル分析
守谷のお祭り

ロックシティ守谷まとめ

関鉄タクシー伝説

気をつけよう!
守谷市 事故多発地帯!
→ 魔の交差点(まこちゃん)

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ カテゴリからさがす
+ 最近の記事
+ 最近もらったコメント
+ 最近もらったトラバ
+ 年月からさがす
+ リンク集
+ プロフィール
+ いろいろ
このページの先頭へ